🌷

ライブのこと と ひとりごと

2017/06/03 People In The Box

10th AnniversaryThings Discovered release tour @ 新木場STUDIO COAST

f:id:sysyui:20170612084833j:image

   【セットリスト】

1.月曜日 / 無菌室
2.木洩れ陽、果物、機関車
3.聖者たち
4.馬
5.塔
6.ニムロッド
7.新曲
8.新曲
9.新曲
10.プレムジーク9月/東京
11.土曜日 / 待合室
12.セラミック・ユース
13.maze
14.矛盾の境界
15.市民
16.旧市街
17.翻訳機
アンコール

18.新曲
19.新市街

 

始まったり、終わりに向けて始まったりした ライブ3Days、最終日はピープル。

中日のplentyのことは、とても長いライブだったこともあるし ちょっと 言葉に起こせそうにない……野音終わってから 書こうと思う。

 

ラジオで初めてダンス、ダンス、ダンスを聞いて ビビビってなった感覚は間違ってなかったんだな〜と最近よく思う。

その時は高校生で「最近好きになったバンドがいる」と、唯一バンドの話が出来る友達にCD貸したら「ちょっとよくわからない…」と返されたのがショックだったこと未だに覚えてる。笑 今考えれば バンドが好きっていってもジャンルが真逆の勢いの子だったから当たり前といえば当たり前だったんだけどね!

趣味嗜好は人それぞれ、私がいいと思ったものが、誰かの好みに当てはまるとは 当然限らない。でも、好きだな〜好きだな〜 って思いながら勝手に聞いてきて、ライブに行き始めたら、ああやっぱり間違ってなかったんだな〜 !と。新木場にあれだけ人が集まるのを見て、同じ感覚の人があれだけいると思うと 結構感動する。

 

一応、10周年アルバムリリース後のツアーだったんだけど、アルバムといっても新曲ばかりのものではなく、再録されたものとか、メンバーがセレクトしたベスト的なもので、つまりはセットリストも全く想像ができなかった。

オールタイム・ベスト的なセトリかな〜なんて思いつつ、あれも聞きたいこれも聞きたいなどと欲が尽きない〜

 

そしてコーストって超いいハコだなって改めて思わされたよ!広さ、高さ、奥行すべて丁度いい。ピープルにとても合うね。段上からの景色は本当に最高……とてもいい場所から見れたから、視界良好すぎて 映画を見てるみたいだった。 スモークがたくさんで、後ろから見るとフロアが雲海みたいなんですよ!ほんとに!すごく綺麗だった〜 ヤオさんの写真、まだ1枚しか上がってないから 公式レポ早く上がらないかな〜

f:id:sysyui:20170612091736j:image

えっ 尊い………ほんと………

しかも1曲目から月曜日 だし ん〜 すきです ピープルは私の中では宗教みたいな存在で、ピープルを聴けば救われる……って信じてるので (?)  尊いって言葉がありきたりになりすぎてるからこの感じうまく伝わるか分からないけど、神聖で尊い 尊すぎて 喉のあたりがギュッとなる 

木漏れ日〜はオレンジの照明

ピープルがこういう未来を見据えた曲を歌うとこんなにも安心するのかと。 


聖者たち 赤と青の照明がとんでもなく怪しい 鳥肌たった。 リリースされたの3年前とかになるのかな。たくさんやってる曲だからずっと最近の曲っていうイメージが続いてたけど 自分が1年生の時だと考えたら…まじか…

馬も久しぶりに聞いたな〜 ピープルのシュールさはギリギリのところついてくるよね ちゃんとかっこいいんだよね

 

は〜 そしてだな、ニムロッドという曲は本当に死角が1秒たりもとないな 最初の1秒から最後の1秒まで油断がない……この曲ばかりはみんなに聞いてほしいんだ〜 そしてこの曲が本当に好き 本当に好き。 「あの太陽が偽物だって どうして誰も気づかないんだろう」ね、ほんとだよね。この曲はザワザワする。そのザワザワも含めてすきです。

 

 そしてこの日は本当にたくさん新曲をやってくれた。新曲が全ていいのでビビる。初見でいいな〜って思えるの、意外とハードル高いと思うんだけど、悠々と超えてきた。 やっぱりピープルはすごいし、波多野さんは奇才。 今のバンドの状態もとてもいいんでしょうな!素晴らしいね!歌詞もね、聞きながらフフフってなってしまうし、ひとつひとつ既に個性が立っていて、次のリリースが楽しみですね〜。

 

 そして相変わらずダイゴマンのMCは愉快だな〜〜 お腹抱えたよ。普通の?バンドは「みんな楽しんでるか〜い???」\イェーイ!/だけど、ピープルは 「こんにちは〜」\こんにちは〜/なんですよ。狂ってる(褒めてる) そういえば今回マイクにエフェクトかけてなかったな〜( 笑 )

 

波多野さん 「十年振り返ってみてね、好きなことしかやってないなって。だから傷がひとつもついてないんですよ。ツルツルなんです。ツルツルの僕たち…かっこいいやろ?」

「だってこのステージ見て?(装飾が何一つないステージ) 僕達の音楽には何も必要ないんです!笑 」

「ギター増やしてた時もあったけど、結局3人だけになったね。」

ピープルが神聖に感じるのは音楽性はもちろんなんだけど、その通り、傷がついてないからなのか!と腑に落ちた。あの3人が音を出してるだけで、それでいい。なんなんだろうな、あの求心力…。いい意味で人間味がなくて聞いてて安心するんだよね、わたし。

 

それでねそれでね!MC明けの市民がほんとやばかった…… 最初のスネア、あれ凶器だよ凶器。 2:36あたりの歌と歌の間のギターフレーズが死ぬほど好きなんですけど、この日 原型ないほど弾き崩してて思わず笑ってしまった…許す…… 

からの旧市街〜 あ〜 なんだこの流れはかっこよすぎて無理。けちょさんがドラムに近づいて屈みながら弾くのほんとすきだし 相変わらず意味わかんないなこの曲。ファミレコから7年……一番やってるんだろうなこの曲。もう音源とは全然印象違う。ムキムキだもん。笑

 

最後に翻訳機だなんてずるいな〜 ちゃんと救ってくれてありがとうございます。この曲は紛うことなき救いの曲だと思ってるよ〜!(熱心な信者) 

 

この日はフロアとステージとの距離(心情的な) が近かった気がする……3人ともすごくお茶目だったし、、福井さん謎にキメキメだったし(すき) 、それに湧くフロアは幸せすぎたし、、、たのしかったな〜 やっぱりピープルの曲を聞いてる時がいちばん落ち着くな〜 これからもどうぞよろしくね。

 

アンコール明けの新曲が あまりにも聖歌でした。またとんでもない曲を………どこまでいくの………

ダ 「最後の曲は決めてません!ジャンケンで決めまーす!」 てことで3人でジャンケン → けちょさんの勝ち → 新市街 !!!

引き金を引け、バン! を久しぶりに聞けたのでとてもうれしかったです!

 

あと翌日に裏ファイナル、しかもシェルターとかいうとんでも発表をされ……2014のツアーファイナル後にもやってたね……

普通にバイトだったよね…後ほどアーカイブで見たらまさかの犬猫芝居やってて泣いた……しかもダイゴマンセレクトらしくさらに泣いた……ダイゴマンだいすき………

そう、ダイゴマンだいすきだなって、いちばんすきなドラマーだな〜って改めて思った、、、、ほんとうにかっこいいです、、、重くないし軽くもない、複雑なのに難しく聞こえない、華やかじゃないけど地味じゃない。存在感はあるけどしつこくない。ダイゴマンのドラムってダイゴマンそのものもだな〜って思った。でもとにかくすごいのよこの人のドラムは………そんなこといったらけっちょもはたのさんもそうなんだけどね〜( ◜ω◝ ) 

この3人からこの先も目が離せない…というか、一度見てしまったら目を逸らせないです。

だいすだPeople In The Box!これからも純度の高い彼らの音楽を聴いていたい。

 

てことでものすご〜く 書くのが遅くなったし若干投げやりだけど許してクレメンス……

(時系列で上げたいから投稿日時操作してるけど本当はトゥデイは7/5ですてへぺろ シネマのツアーのこともセトリしか上げてない 早く色々書き出したい気もするし書きたくない気もする し書き出せない気もするし 大前提に時間がねえ〜!🤷‍♂️)