🌷

ライブのこと と ひとりごと

2016/10/11 Galileo Galilei

f:id:sysyui:20170225001418j:image

 

 2016/10/11 Galileo Galilei LAST LIVE

車輪の軸 @ 日本武道館
本当に本当に 心の底からだいすきでした 。


誰になんと言われようとわたしの青春だった 絶対に 絶対に 青春らしいことしてなかった高校時代だけど 地味で長い通学路もぼろいローカル線もガリレオを聞きながら 毎日通った それまでバンドを聞いてなかった私が初めてちゃんときいたバンドかもしれない


青さにキュンとしたり切なさに悲しくなったり 当時聞きながら考えたこと思ったこと、今でも思い出せる
何度もきいて何度もくちずさんできたバンドが活動をやめるというのは 人生で初めてで 武道館という場所も初めてで うれしいけど 寂しいし どういう心持ちで行ったらいいかわからなかった


大好きだったとはいえ、ライブを見たのは手で数える程度 たくさん見てきた訳では無いけど 曲に対する思い入れはとても強いと思う
正直、見ている最中はわりと楽しく聞けてた。たまに涙も出たけど 純粋に好きな曲が聞けたのがうれしかった ただ、どんどん終わりに近づいていくにつれて 本当に終わってしまうのか、こんなにいいバンドなのに本当に終わってしまうのか、とひたすらに悲しくて寂しくなってきて 終演後、画面を通じてバイバイと言われたときには 全然受け入れられなくて一番涙が出た

 

なにより わたしの青春がつまっているガリレオの音楽が、なくならないとはいえ、止まってしまうということは、わたしの青春も完全に過去のものになってしまうような気がして、ひたすらに切ないなと思ってしまった〜
しかし当の本人たちは極めてラフで(笑)いつも通りのゆるい雰囲気で いい演奏をしていて 置いてかれたくない、、、もっと前向きになりたい、、、


とにかくざき兄の声が本当に良くて 昔の青い声もいいけど 今のガリレオのいい雰囲気を作っているのは紛れもなくあの声だろうな


なんだか思い出したくもないので(いい意味で) あんまり具体的な感想を書きたくないのですが、星を落とすという曲がガリレオの中で一番と言っても過言ではないほど好きでして、それを最後に聞けたのが本当に嬉しかったし 星を落とす のときの星空みたいな照明が脳裏に焼き付いて離れない!


僕には聞こえるんだ 素晴らしき音楽と涙の落ちる音


ここの歌詞、あの空間そのものだなって思った
活動休止が発表されたときそこそこにびっくりしたけれど かといってそこまで悲しくなることはなかった


今日終わってから、想像以上にガリレオが終わることに対してショックを感じている自分に少し驚いてる ざき兄も同じようなこと言ってたね、笑 やっぱり目の前であれだけ思い出深い曲やられたらそりゃそうだよね、笑


今まで抱えたことのない感情でどう処理をすればいいか正直わからず ひとりで帰りながらとても困った 帰ってきてからも なにも聞きたくない見たくない 別につぶやきたいわけでもない かといってそのままにしておくにはちょっとつらいし、じゃあこの感情どうすればいい?と悶々としていた とりあえずタンブラーでも書いてみるかと思ったけど こんなに自分の感情しか書いてなくて大丈夫なのだろうか、、笑


ライブのことはおいおいまた書きたいなと思う 最近ライブの感想の書き方がわからなくなってきたので 上手く書ける気がしないけれど、、、
ざき兄が「最後に会いに来てくれてありがとう」とMCで言っていたのだけれど 本当に最後に会いに行けてよかったなあ、と こんなに虚無感抱えるとは思っていなかったけど、笑


またね、っていってたし たぶんきっとまた3人の演奏聞けるのを楽しみに待っているしかないね!


あとは好きなバンドが今もちゃんと進んでいてくれることの素晴らしさというか、ありがたさを改めて感じました 曲そのものは残り続けるとは言えども、例えある曲が全然ライブで演奏されなくても、その曲を作ったバンドが今も活動していてくれることの安心感って絶大だなって思いました


ひさびさにメンがへらりそう! とはいえ、うれしかった!武道館でガリレオを見れたこと おめでとう! そして本当に本当にありがとうございました。